思い出 12

 高速船ポーラスター降りたら、どっと疲れていた。

 土産を買いあさり、駅前の郵便局で必要ない荷物を自宅へ送り、八百屋で林檎を買いおまけもしてもらい、ブラジルのBですねと、飛行機のチケットを手配し、空港へ向かうバスへ。

 バスは大型だったが、客は自分ひとり。

 一人スキルが高すぎると、こういうことがよくおきます。

 たとえば土曜の夕方、ワーナーさんの映画館で一番広い部屋で一人映画鑑賞とかね。ガチだからねこれ。

 

 空港では結構時間が余ったので、うろうろしてたら、

 コップのフチ子みつけてこんなとこにもあるのか!って感激してたら、掃除のおばあちゃんに何事か言われ「ず?!」って同意を求められたが、まじ言葉がわからなかった。実は初日から言葉がわからないというピンチはおきていた。

 とりあえず笑っておくという対処で済ましてきたが、ここで極まったな。

 

 さて、短い旅であったが、いきあたりばったりなりに楽しんだ中で唯一の心残りがあった。

 海鮮丼である。

 空港にまたしても客が一人もいない和食レストランがあった。

 迷ったが意を決して入った。のっけどんスタイルの海鮮丼があった。

 これだこれだ!テンションあがった。ネタを選んで段取りしてもらう。

 そして丼がきた。これである。

f:id:sinbuntogo:20140823113404j:plain

 添えられた箸の包みを見て驚愕した。

 青森国際ホテルの文字が。

 ああ!!ここで挽回してくれたのか青森国際ホテルさんは!!!!義理堅いぜ!

 しかも正直期待してなかったのに、かなりうまかった。すごいいいネタ使ってる。

 もう幸せな気分。

 

f:id:sinbuntogo:20140823113427j:plain

 

帰りはちょっぱやで地元へ。

ブラジルの航空機メーカーの機体、いい。小さいけど揺れもないし、中のつくりもなかなかいい。 

また青森にはいかねばならない。

 

おわり。