読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやつー

f:id:sinbuntogo:20141228153710j:plain

いつかのおやつ。

 

今日はもらったチョコチップクッキーを緑茶と。

 

ベイマックスのネタバレカンソウ。

 

 

 

 

うん。着地が。そこじゃねーだろ。

と、周りに人がいなかったら、しっかりツッコミ入れてただろうな。

マーベルだからね。続編考えてとかいろいろあるんだろうけど。

どっちかというとベイマックスを安価に量産してソウキョウの一家に一体。タダシ兄さんの人を助けたいというまごころを普及させるじゃ、ねえのかい。

 

なんだ、なんでヒーロー戦隊結成しちまった。

ただし、ヒロの「みんなもヴァージョンアップ」発言にしっかりオラわくわくすっぞ!!ってなりましたけども。あのとんまな戦隊、大変気に入りましたけども。

とくにフレッドが。

「フレッド触るな。フレッドより」の張り紙にこいつまじクレイジーとより実感したところにあのヒーローきぐるみ。お金持ちの馬鹿息子クレイジーすぎる。どえらい気味の悪い化け物。口から火を吐く。ふつうに戦隊ものやったら、まっさきにヒーローたちに殴る蹴るの暴行を受けがちなヴィジュアルだからね。

指示待ちのワサビは実は一番戦闘力たかいし。ゴーゴーかっこうよかった。ハニーは文句なしにかわいい。あのバックの仕様も女の子っぽくていい。

ゴーゴーはカーチェイスのシーンがかっこよくて。

ワサビが赤信号でとまったりウインカー出したりするのにつぼった。日本の戦車かよ!

あの軽自動車ほしい。

あの夜景ロケーションすばらしかった。

港の濡れた空気感とか、街も日本っぽい雰囲気で、暗くてかちっとしててカッコいい。あのロケーションしっかり観るためにDVD買ってもいいレベル。

 

あとはタダシなんだけども。普通にかっこいいなと腐った目で見てしまった。だって、声のひとが本当のお兄ちゃんだから、へんな角度の目線でね。ちょっと。

冒頭の賭けシーンとかネズミーらしからぬダークな部分もよかった。からのロボット披露のヒロの優等生ぶりのギャップもいいし。

 

ベイマックスがなー、ロボットと感情ある生き物の行き来が難しいところだったんだけど。「ケアロボットが武装する必要があるでしょうか」というスタンスから亜空間いくまでの流れに不自然なところがどうしても。

微妙にかみ合わせの悪いようなものを後半は感じてしまって。

後ろの中学生たちが、亜空間のシーンで「おまえ、いま泣いとるやろ!」「泣いてねーわ!」「うひゃひゃ」ってやってて初見なのに冷静な分析をしてしまって、あとの展開も読めてしまったんだが。

ソフトが核になんのか?というそういった工学系の知識がないので釈然としなかったけど。学習したデータってソフトのほうに蓄積されるものなの?てか学習型のロボだったの。だとしたら、やっぱりタダシ兄さんが友達のいないヒロに友達として作ってあげたロボなのか。そうか。いま納得。だから量産もしないのだね。

まじお兄ちゃん、いい奴。格好良すぎる。賭けバトルに弟の送り向かいするのとかも、どんだけー!

あとキャスおばさんと猫もかわいい、ナイスキャラ。あんなカフェ近くにあったら毎日いきたい。

 

中学生たちは亜空間のシーンが来てたらしいけど、自分は、戦闘ソフトだけにされて慈悲を無くしたベイマックスが仮面を凹るシーンで、仲間が全力でベイマックスを止めるところでやばかった。

タダシ兄さんはベイマックスという素敵なロボ作ったけど、それよりなにより素晴らしい友達をヒロに与えていったんだな~と泣けたわ。

そのあと、ケアソフトをヒロが抜けないようにお皿をロックしたベイマックスもまじ男前だったけど。

 

映画終わってフレッドに笑って箱でたら、何故かベイマックス見たひと、ほぼ全員通路にあったベイマックス人形つんつんしていくね。

自分ももちろんつんつんにぎにぎしましたけど。

もういっかいスクリーンでみたいなー。