読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘い~。

甘いよ。ケーキ二つも食べちゃったから。

いや~削ったら当たっちゃって。宝くじ。500円。

宝くじ買わないって決めたそばから買ってるからね僕は。

しかも気長に、じじい二三人に横入りされたのニヤニヤ見過ごして購入した。

じじ様たちまったく回り見えてない。もう並んでるのに一直線にカートで突っ込んできちゃうんだもの。わかってて売り場のお姉さんも普通に対応してるし。

「自分も飽きないね~、どうせ当たりっこないのに!」って思いながらほとんど募金のつもりで買ったら、これだもの。また欲が出るじゃない。

ギャンブルって怖いね!!

 

午前は、派遣さんで様々な書類に判を押しまくって、せっかくなので黒い森(ドイツ語で発音)でモーニングした。

たぶん、客の90%が65歳以上って客層で、椅子がアンティーク調の低くて深いので座り心地がよくて、広さも程よくて、ミロのヴィーナスとか甲冑とか角とか屏風とかでぎっしりで、そこにやや埃が溜まっており、薄暗い店内は常に賑わっており長居もできる喫茶店なのです。

コーヒーもそこそこおいしい。コーヒーおいしいな~って思って通いだして4回目ぐらいで、店員に若くてイケメンが多いことに気がついたのだ。

今日の会計やってくれた、優しい系のシャツ男子(ネクタイの先をシャツに入れていた)に萌!!した。

経済新聞はないのでジャンプを引っつかんで熟読。

 やべー磯兵衛おもしれー。ネタが持たないって言ってたけど、ついに馬琴をパクるという新たな路線を発掘しだして、またネタが広がったよね。大名連中のあざーっすもツボった。エスパーの漫画好きなのでそれも読んで(チェックする順番!)、ワンピースあたりで、隣の席に座った客の異変に気がついた。

母と息子らしき連れ。息子は自分と歳が近い感じ。

喧嘩している。というか息子が一方的にキレていて、なにか抗議をしているんだが、母は俯いてなんなら身体も向かいあってんのに側面を向けてコーヒーをスプーンでかき回している。

雰囲気としては息子に言い分があり、母に非があるようだが息子の怒りが一方通行といった様子で、漫画読みながら若干内容を聞いてみたが、どっかに出かけるってだけで嫉妬するなとか、なんだかえらく温い内容なのだ。

そこでこちらとしては正直、興ざめである。もっとえぐい内容が聞きたかった。

でもなにか大事があったらしく興奮を抑えきれなくなった息子は自分のトートバックをばんばん叩き始めたのだ。

何事か文句を言っては、ばんばんするのだ。

だんだんジャンプを読みながらニヤニヤしているのが不謹慎な気分になってきた。

だけどまだ、トリコも読んでいないし、ワンピースも途中だし。キャベツ面白いし笑っちゃうし。ニヤニヤしてしまうのは止められない。仮に、隣の息子が、何笑ってんだよ?!俺たちの話勝手に聞いてんじゃねえよ?!ばんばんと言われたとしても、今日の僕は黒の革ジャンを着ており、普段よりワイルド度が高めであるため、「いや、ジャンプが面白いんだけど、ばんばん」と返す余裕はあるのである。だが、コーヒーも飲んでしまったし、回転率の高い午前のおひとりさま長居は肩身が狭いのは確か。

仕方なく、伝票をとって店を後にしようと立ち上がった。

すると息子が身じろいだ。

いきなり、隣人が席を立ったことで、自分の興奮度に気づいたのだろうか。

あれで彼は冷静さを取り戻しただろうか。

あまり怒りに必死すぎると傍目に格好悪いというリアルを見せ付けられてしまった朝だ。ここ数日の俺に対しての世界からのたしなめだろうか。ジュバルツバルトよばんばん。