読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

崖っぷちで、ちょっと持ち直す。

f:id:sinbuntogo:20160622135913j:plain

 

 

 

 月曜。本屋の棚から俺を追い込んだ本。

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)

 

  同じ著者がタイトルをいろいろ変えいろんな出版社から棚から俺に、

 「お前、これだから」

 と嫌がらせしてきた。なんとなーく一冊手にとってちらっと二三秒で、「あかん。これや。自分どんぴしゃや、これ」と思い知らされたやつ。

 とうとうのやつ。とうとう特定された。

 

 なんでそんなわざわざ名前付けてよう、出版社から本屋の流通までつかって、いじらんでいいとこいじってくるわけ?お前こそが加害者だわ!と。

 山頭火例にしとったけども、そういう性質があったからああいった文学が生まれたわけで、ええやんけ!それで。いちいち病気にすんなや!みんなが一昔前のディズニーのいいもんキャラみたいな世界気持ち悪いやろうが!!と。

 でも帰っても気になってて、それとなーくネットで見つけた簡単な診断したら結果、

 (重度)

 だからカウンセリング受けろとか書いてあったけど、いや、そもそも深く人と関わりたくないし、本音もほぼ言わないから。いっちゃん無理なやつだからっていう。おまえ文脈理解してた?っていう。アホなんですか?っていう。

 

 昨日はそういえば、思い当たる節が…とか考えたくないために

 マッドな石黒先生の新書買うたで。

 さわりだけ読んだけどすでに面白い。ネタになりそうな話がいっぱいだよ。

 またマツコロイドの番組やらないかなあ。

 

 あと昨日は大好きなぶっこみジャパニーズやってた。

 うどん面白かった~!!!

 「鬼に金棒、森田にうどん」このフレーズあがった~!

 気圧低いんじゃね?と冒頭から心配だったけど、森田氏はすげえ。あんな圧力鍋で湯がくなんてさすがプロ。しかも現地で調達した素材で出汁作るとかまさに魔法。

 森田氏のうどん食べたメキシコ人の反応が演技じゃなく、びっくりするぐらい美味いというのが伝わってきて、なぜかこっちまで嬉しくなった。

 いつかもり家へ食べにいきたいな。