読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SW

 

 いまだー!!!と思い立ち

 やっとみた。

 なぜか3.4.6を借りてしまって、一緒に借りた作品を見ながら5を借り足したりしながら、ここ2、3日ゲオに出入りし続けておるんですがね。

 ゲオでは貸し本をみましてね、すごくモヤモヤした。

 あれってレンタル用の製本なのかい?昔の貸し本は、出版社が貸し本用に漫画作ってたんだぞ、その並べてある奴はそれ許可とってあんのか?印税はどうなってんだ?!とモヤモヤがとまらないのでなるべく見ないように通り過ぎる。

 

 6が一番好きだった。

 3は案外ちゃんと見てなかったから間違えて借りてよかった。

 ここ数日信じられんくらいハイパージャンプのシーンを見ている。

 でもSW後半はドライブが抜けててジャンプできず、さあ、いくぞ!ジャンプできず気まずい空気が漂うシーンの天丼が後半へいくほどツボっていく。

 6は普通のコメディ映画よりよっぽど笑えるシーンが多い。

 3POが見事すぎて。あのキャラクター素晴らしすぎる。イオークは可愛すぎてみててぎゅうううってなる。ハンのひざにぺたーってしてくる奴激かわ!

 3POの爆笑エピソードは神として崇められたり(確かに金ぴかの仏像的ではある)、通訳中ハンを二度見。

 ロボが二度見するシーンは例外なく面白い。ウォーリーにもあった。

 SWって珠玉の小ネタとベイダー卿が偉大なるフォースを信じきれず勘違いに勘違いを重ねて孤独になっていく話だったんだなー。ベイダーなんか恐れが強すぎて、自分から最悪の状況引き寄せてまって、そのうえ周りの人間を疑うという、日常生活でも気をつけたい典型例のやつだよ。ちょっとずつのうまくいかないが重なると凹んで疑心暗鬼になって塞ぎたくなるんだよねー。

 しかしジャバの最期は意外やった。あんな形で。

 ルークかわいい!ルーク素直ないい子やった。あんがいヨーダってネガティブ発言多くて、絶対ルークも暗黒面みることになるでおまえは修行するなとか、そういう空気感が逆に恐れるほうを引き寄せてない?ってはらはらしたわ。アナキン絶対そうやし。

 きれいなアナキンが霊体になって出てきたとき、相変わらず人相わるくて心配になる。もうありゃ性格だな。暗黒面不可避だったな仕方ないな!はははは!って笑い飛ばすしかないよ、もう。

 新作はこのあとの話になるのかー。